インプラント治療の流れ|【歯医者でできる治療情報まとめ】インプラント治療のメリット

治療の流れを理解してインプラント治療をスムーズに行おう

インプラント治療を行う際の流れ

診察と治療の計画

まずインプラント治療を始める前に身体に不調はないか問診を行い、それから口の中を調べていきます。口内の型取りを行ったり、レントゲン撮影などで顎の骨の状態をチェックします。このような検査で得たデータを元に、一人ひとりに合わせた治療方法を計画していきます。

インプラントの埋め込み

治療の計画ができたら、次は実際にインプラントの埋め込みを行っていきます。麻酔をかけてインプラントを埋め込みますが、埋め込んだ後は骨とインプラントがなじむまで期間を置かなくてはいけません。だいたい5~8ヶ月ほどかかります。

歯の台を装着

インプラントと顎の骨がなじんだことを確認できたら、インプラントを埋め込んだ部分の型取りをし、歯の台であるアバットメントの装着を行います。

人工の歯を装着

歯の台であるアバットメントの装着ができたら、周りの歯の形状や色に合うように作った人工の歯を作ります。歯が完成したら、しっかりとインプラントを埋め込んだ部分に合うかチェックし、取り付けを行います。

治療後

治療後は、きちんとしたお手入れが必要です。普段の歯と同じ扱いで問題はないですが、食後は必ず歯を磨き、眠る前にもしっかりと歯磨きをするようにしましょう。しかし、あまり強くこすってはいけません。やわらかい歯ブラシを使って優しく磨くようにしましょう。また、定期的に治療を行った歯科で点検をしてもらうことが大切です。

インプラント治療の流れ

インプラント

インプラント治療を行うタイミング

インプラント治療を行うタイミングは人によって異なりますが、事故などで歯を失ってしまった際や、歯周病や虫歯により歯がなくなってしまった場合にインプラント治療を行う方もいます。歯がない状態を改善し、見た目も美しく整えることのできるのがインプラント治療なのです。

インプラント治療は健康状態の良い方ができるもの

インプラント治療は全ての方ができるわけではありません。骨の状態と健康状態が良好で、口内の衛生面も整っている方が行うことの出来る治療法です。しかし、自分では健康状態を細かく判断することができないので、大阪市に住んでいる方は、インプラント治療を行っている近くの医療機関に相談してみることをおすすめします。