歯の治療法|【歯医者でできる治療情報まとめ】インプラント治療のメリット

虫歯の進行状況に合わせた歯医者での治療法とは

はじめに

他の歯もそうですが、特に前歯が虫歯になってしまうと見た目も悪く不衛生に見えてしまい、それだけで相手への印象が悪くなってしまいます。そのため、定期的な歯のチェックを行うために歯医者を利用しましょう。また、虫歯に気付いた時点ですぐに歯医者を利用することもおすすめします。名古屋には多くの歯医者があるので、一度点検のために近くの歯医者を利用してみてはいかがでしょうか。どのくらい虫歯が進行していたら歯の治療を行わなくてはいけないのか、どのような治療法を行うのかご紹介します。

歯の治療法

治療

治療しなくてもいい場合

歯医者で歯の定期的な点検を行うことで虫歯を予防することができますが、その際に虫歯の進行のある歯を見つけても、虫歯の進行状況によって治療を行わなくてもよい場合があります。それは、歯のエナメル質が溶けている状態です。この時点ではまだ痛みなどの自覚症状もないため、正しい歯のケアを行うことにより、正常な状態の歯に戻すことができます。

軽い治療が必要な場合

歯医者で歯の点検を行う際にC1と言われたら、それは初期段階の虫歯ということになります。この状態の虫歯は歯のケアだけでは治らない可能性が高いため、虫歯部分を削って、詰め物を入れます。軽い虫歯なので1回の治療で済ませることができます。

歯を抜かなくてはいけない場合

虫歯が進行しすぎて歯の形が崩れてしまっている場合は虫歯でいう末期の状態なので、歯を完全に抜く治療を行う必要があります。歯を抜いてしまうとその部分がスカスカになり、見た目の悪さ以外にも歯並びなどにも影響を与えてしまうため、入れ歯や差し歯、インプラントなどの治療が必要になります。